セフレの注意点「割り切りセフレの盲点」

セフレだとしても中出しはしない!その他おもちゃの強要もNG

セフレという関係というのは、セックスをするときにしたいことを実際にすることができるイメージが強いという人もいるかもしれません。

ですが、セフレだとしても、してはいけない事や、するべきではない事だってあります。

例えば、その中の一つとして、「中出し」が挙げられます。

恋人として付き合っていても、セフレの関係だとしても、無責任に中出しをするべきではないのです。

ピルを服用していれば妊娠をすることはないと思っている人もいるかもしれません。

ですが、避妊具を付けずに中に出すと、ピルをしていても妊娠をする可能性は十分にあるのです。

ですから、ピルを服用しているから、中に出してもいいだろうと無責任なことは考えないようにしてください。

また、避妊具を付けなかった場合、相手が色々な異性とセフレの関係になっていたり、これまでに複数の異性と関係を持っていた場合、性病を発症している可能性だって十分にあります。

性病になっているとしても、それをセフレに告知するという人はほとんどいないでしょう。

もしも恋人がいるのに、性病に感染をしてしまった場合、他の異性とセックスをしていたことがばれてしまいます。

ですから、セフレとセックスをするときには、中出しだけではなく、避妊具なしで生でセックスをするということもするべきではないのです。

ここで性病に感染をしてしまったり、妊娠をしてしまっても自己責任だということは忘れないようにしてください。

一時の快楽で、大きな問題が浮上してしまったりするということもありますから、最低限の理性は保つようにしましょう。

また、恋人に嫌がられるような恥ずかしい体位をセフレとしてみたいと思っている人もいるでしょうし、AVで出てくるような少し過激なセックスをしてみたいという人も多いでしょう。

この傾向は男性のほうが強いのですが、男性でセフレ相手に、大人のおもちゃを使用するという人も多いです。

女性が嫌がらないのであれば、別にしても問題はないのですが、女性が嫌がるのであればするべきではありません。

ここで強要してしまうと、女性が生理的に無理だと思ってしまい、セフレの関係も終了してしまう可能性があります。セックスは独りよがりの行為ではないですから、相手の意思も尊重するようにしてください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

セフレ探しするなら♪
ハッピーメール

24時間体制の徹底有人サポートで出会いを実現!さくら等の悪質業者がいる時代は終わりました。
会員数1900万人を超え、早く出会いたいかたにおすすめのサイトです!

ハッピーメールを見てみる