セフレの注意点「割り切りセフレの盲点」

セフレを持つ危険性について

若い方達の中には特にいろいろと考える事なく、その快楽のままにセフレを作る方もたくさんいます。
現在このセフレを持っている方は結構多いのではないかと思います。
セフレを見付ける為には例えば出会い系サイトなどに登録して探す方も多くなっています。
インターネットの中にはこの様な出会い系サイト、またセフレなどの専門サイトがとても多くなっています。

それゆえ多くの方がとても簡単にセフレを見付ける事が出来る様にになっています。
ですのでセフレと接触する機会も多くなってきているのではないかと思います。
けれどもその様にとても簡単に相手と接セックスをするのはとても危険な事にもなります。
それゆえ本来は回避したい所でもあります。しかし中々そうもいきません。いろいろな考えの方もいます。
それではその様な行為の何処が危険になってくるのかと言う事になります。

それは「妊娠の危険性」になってきます。
若い方に対して避妊の仕方を聞いてみるとその多くは「コンドームを着用すれば平気でしょう?
」と言う回答をしてきます。しかしそこには大きな誤解があります。
その中には30歳超の方もいますが、その様な年代の方達も「ピルが無くても平気」と思っている方がいます。
しかしこのピルを服用しないとコンドームを着用していても妊娠する事があります。過去にもその様にピルを服用しなかったので妊娠した方もたくさんいます。

【関連】→セフレだとしても中出しはしない!

皆様の周辺にもその様な方がいるのではないでしょうか?
それゆえセックスをする時はよく注意する必要もあります。

また若い方は今はエイズ検診をする事もそうないと思います。
それゆえもし病気を持っていたら相手にそれを感染させてしまう事もあります。
セフレを持つ事によって一時の快楽を獲得する事が可能になってきますが、それによってその後の人生を不意にする事もあります。
一度この病気に感染するとそう簡単に完治しない事もあります。
それゆえその後の人生が大変な事になる事もあります。
ですのでセックスをする前にまず始めにピルを用意して、双方ともエイズの検診をする様にして下さい。
もしそれが出来ないのであればセックスをする権利はないと思います。
それだけ重要な事になってきます。

セフレを探して初めてセックスを行う時は事前にいろいろとする事も多くなってきます。
相手に病気を感染させない様に、また自分の今後の人生を不意にしない様に、相手に対してのマナーとして、このピルの用意とエイズ検診を行う様にして下さい。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

セフレ探しするなら♪
ハッピーメール

24時間体制の徹底有人サポートで出会いを実現!さくら等の悪質業者がいる時代は終わりました。
会員数1900万人を超え、早く出会いたいかたにおすすめのサイトです!

ハッピーメールを見てみる