セフレの注意点「割り切りセフレの盲点」

人妻とセフレになった場合に注意すべき点について

セフレを探しているとその中には人妻を見かけることがあります。
もちろん既婚者でもセフレを欲しいと思うことはありますが、人妻をセフレにする場合には注意しておかなければならない事もあるのです。
相手は独身ではないという事を理解して、楽しくセフレ関係を続けていけるようにしましょう。

連絡をする時間は必ず守る

相手には家庭がありますから、いつでも連絡を取れるわけではありません。
もちろん連絡を無視することも出来ますが、家族がいるときには無視をするのも変に思われることになります。
そういった危険を増やすことがないように、お互いに連絡を取り合う時間は決めておき、必ず守ることが重要です。

メールならば都合のいいときに確認すると思うかもしれませんが、届いているのを家族に見られる危険があります。
すぐに削除できるように、たとえメールだとしても連絡するタイミングは守りましょう。

会う場合や時間は人妻に合わせる

セフレと会う時間帯や場所に関しては、相手の都合を尊重することが大事になります。
人妻は家族だけではなく、知り合いにも見られると危険な場合が多いのです。
ですから相手の都合を尊重して、自分の都合を押しつけないようにしましょう。

会う時間帯もそうですが場所に関しても、人に見られる危険が少ないような場所を選んであげましょう。
待ち合わせはしやすいものの、相手の地元に近い場所は見られる危険があるので避けた方がいいのです。

独身とは違うので注意する

人妻とセフレになった場合には、相手は独身ではないという事を理解しなければなりません。
独身女性であれば問題がない行動だとしても、人妻にとっては危険なものもあるのです。
セフレがバレると大変なことになりますから、関係を続けていく場合には注意点を守ることが大事です。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます